ビット カジノ ログイン

ヤマハ、欧州で電動アシスト自転車バッテリーのサブスク開始へ 新会社設立

  • 印刷
  • 共有
「小型電動車両用交換式バッテリー」サブスクサービスのイメージ(出所:ヤマハ発動機)
「小型電動車両用交換式バッテリー」サブスクサービスのイメージ(出所:ヤマハ発動機)

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は12月25日、ドイツで小型電動車両用バッテリーをマネジメントする新会社「ENYRING GmbH」を設立し、小型電動車両用交換式バッテリーのサブスクリプションサービスを開始すると発表した。事業開始は2025年上期の予定。

市内にステーションを設置、使用済みバッテリーは再利用も

同サブスクサービスは、電動アシスト自転車などの低速領域の小型電動車両を対象に、定額料金で利用できるバッテリーを貸し出すというもの。市中各所にバッテリーステーションを設置し、気軽にバッテリー交換できる環境を提供する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事