ビット カジノ ログイン

燃料電池用バイオメタノール、1月販売開始 電気興業

  • 印刷
  • 共有
(左)現行の燃料電池G3/(右)新型機種G5(出所:電気興業)
(左)現行の燃料電池G3/(右)新型機種G5(出所:電気興業)

電気興業(東京都千代田区)は、燃料電池用バイオメタノールを2024年1月より販売する。同社「メタノール改質型燃料電池」の現行機種の燃料を、化石燃料由来のメタノールからバイオメタノールに切り替えることで、排気中のCO2を実質的にゼロとする。

安定した発電を実現、ビル屋上などへも設置可

メタノール改質型燃料電池は、消防法の危険物規制を受けない60wt%未満のメタノールを使用。燃料の保管や輸送が容易なうえ、黒煙・窒素酸化物(NOx)・硫黄酸化物(SOx)などを排気せず、排気中のCO2実質ゼロを実現する。また、電気化学反応によって発電し、高い安定性が維持できるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事