ビット カジノ ログイン

PXP、「曲がるソーラーパネル」の新しい貼り合わせ技術を開発

  • 印刷
  • 共有
(出所:PXP)
(出所:PXP)

太陽電池製造のスタートアップPXP(神奈川県相模原市)は12月19日、金属箔基盤を用いた「曲がる太陽電池」のセルをつなげる新たな貼り合わせ技術を開発したと発表した。

新技術では、性能を下げることなくセル同士を直接貼り合わせることができ、振動に強く、糊代部分のロスなく並べることが可能に。これにより、大きさ・形も自由な曲がるソーラーパネルの制作が可能になる。

はんだフリー&銀フリーで貼り合わせ

太陽電池セルをつなげる方法では、タブ線とはんだを用いる手法が一般的だが、コストや銀の使用量の削減が課題となっていた。そのため、近年はセルを直接貼り合わせる方法の開発が盛んに行われている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事