ビット カジノ ログイン

エコカー最前線!

仕組み・性能はいかに? マツダ「復活のロータリーエンジン」搭載EV

  • 印刷
  • 共有

マツダが、かつて世界で唯一量産車に搭載していたロータリーエンジンを、EVの発電機として復活させた。ロータリーエンジンを搭載したEVの仕組みや走行距離などの性能はどのようなものなのだろうか。自動車ジャーナリストの桃田健史氏にレポートしてもらった。バックナンバーはこちら

マツダ「MX-30 Rotary-EV」を公道で試乗した。同モデルは、SUV「MX-30」をベースに、ロータリーエンジンを発電機として使うEV。グローバルでは他に類のない電動車だと言える。果たして、その走り味はどうなのか?

マツダ「MX-30 Rotary-EV」公道試乗会にて、筆者撮影

かつて唯一量産車に搭載されていたロータリーエンジン

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事